ロゴ(テキスト)

Loogia(ルージア)

配車計画はなぜ難しいのか?〜難しさの理由と解決策〜

2022/03/01

コラム

こんにちは。Loogia事業本部のshikataです。
突然ですが、物流を抱える荷主企業や物流会社、そしてこの記事を読んでくださっている皆様にとって物流コスト、中でも「配送費」は非常に重要なファクターですよね。

昨今の燃料費高騰や人手不足、また2024年に予定されるドライバー残業規制厳格化などを踏まえると、配送費上昇は業界全体においてますます深刻な問題となっています。

そんな「配送費」を大きく左右するのが「配車」の品質です。 今回の記事では、「配車業務の難しさ」とその改善策に関してご案内します。まずは、具体的になぜ配車業務が大変なのか、その困難さを把握することから始めていきましょう。

配車の難しさとは


サンプル画像

配車業務が難しい理由

配車計画を作成する際、主に下記の3つが難しさの要因になります。
1. 考慮条件が多い
荷量と積載容量、道路混雑や納品先待機、時間指定、車格制限、様々な車両選択肢(自社便・傭車・路線)と車両コスト、拘束時間制限、ドライバーごとの車庫位置や方面、ドライバーの満足度や関係性、荷物形状などなど。
配車をする際に多くの考慮すべき条件があり配車が複雑になります。
2. 短い時間で作成しなければならない
荷物情報が確定してから出荷までの時間が短い場合が多く、時間に余裕がない中で行わなければいけないため、配車係には業務への熟達が求められます。
3. 前後の業務との調整が必要
製造や入庫を待たなければならず、荷物により荷揃いのタイミングが異なるため配車効率だけを考えて配車を組むことができない。また、出荷バッチや出荷バースが決まってしまっているので配車効率だけを考えて配車を組むことができない、など。前後の業務と調整することを優先せざるを得ないために、効率的な配車が難しくなっている場合もあります。


配車業務の「改善」が難しい理由

配車業務が難しいことは、「リスク」と「コスト」の2つの観点において、物流現場に問題を引き起こします。

リスクとは、良い配車計画が作れるようになるためには何年もの経験を積まなければならず、どうしても特定の担当者に依存してしまうことです。
例えば、弊社のお客様では、実際に下記のような事例がありました。

  • センター長を交代することはできても、配車担当者を交代させることができない
  • 企業の物流コストに極めて大きなインパクトを持つ業務が、1~2人の担当者に依存している
  • 世代交代が迫ってきているにもかかわらず、後継の育成が進んでいない


  配車マンのサンプル画像

またコストの観点では、どうしても現実的な時間内で処理できる作業時間に落とし込まれてしまうので、配送効率が落ちてしまうことが問題です。
例えば

  • 受注量は毎日変わるのに毎日「固定の」ルートで店舗へ配送するしかないため、積載率が低い便と、荷物が溢れて傭車を手配しなければいけない便が同時に存在してしまう
  • エリア境界線の配送効率が落ちるのに、各担当者にエリアを紐づけるしかない。そのため負荷が少なく暇なドライバーと、忙しくて残業続きのドライバーが同時に存在してしまう
  • 最適とは思えないが昔から使っている配送コース組をつぎはぎしながら維持している
などが問題の例として挙げられます。

配車のシステム化・属人化改善のメリット

ここまで配車業務の難しさについてご紹介してきましたが、もしこれらが解決できれば、インパクトは大きいのではないでしょうか。

「配送コスト削減」
「配車業務効率化」
「属人化の解消と持続可能なオペレーションの構築」
「従業員(ドライバーや配車係)の満足度や労働環境の向上」など…。

これほど重要で難しい配車業務を、今のままのやり方で放置してしまって良いのでしょうか。

自動配車により解決できること

アルゴリズムによって配送ルートを作成する「自動配車」を導入することで、配車業務にまつわる数多くの課題を解決できる可能性があります。

コーヒー豆卸売のCSSコーヒー様では、自動配車導入の結果、事務員でも配車ができるようになり、配車担当者の業務を事務員にほとんど引き継ぐことができました。
また家具・事務機配送の関西陸運様は、遠隔(リモート)配車ができるようになり、元々1日2時間ほど配車に時間をかけていたところを30分に削減できました。

このように、属人化の改善や配車業務の時間削減に成功している導入企業様は増えています。弊社が提供する自動配車システム「Loogia」で考慮できる条件の詳細等は、他記事でも紹介しており、今後も配信していきますのでぜひご覧ください。

配車画面のサンプル画像

4. まとめ

今回は配車業務の難しさと改善のメリットに関してご紹介しました。

日々の業務が忙しい中で改善検討を進めるのは難しいと思われるかもしれませんが、弊社では、経験豊富なコンサルタントが、ご検討開始から導入後まで徹底的に伴走しサポートいたします。無料シミュレーションも受け付けておりますので、まずはどの程度の効率化効果が出るのか、ご覧になってみるのはいかがでしょうか。

自動配車に関するお問合せやシミュレーションのご依頼は、下記よりお問合せください。

Loogiaについて
詳細を知りたい方に無料ダウンロード

無料

Loogia資料

ラストワンマイルに特化

走行データ学習型配車システム

配車業務の属人化やドライバー不足など、ラストワンマイルの配送現場で起きている様々な課題に対して、Loogiaを利用してどのように解決できるかを紹介します。

無料で資料をもらう

電話で
お問い合わせ
052-211-8036

10:00~17:00(土日祝日を除く)

Loogiaについて
簡単に知りたい
資料ダウンロード
詳しく
お問い合わせ
お問い合わせ